シンプル!移動平均線を使ったバイナリーオプション

バイナリーオプションはしっかりと分析して上がる確率が高いのか、それとも下がる確率が高いのかを見極めつつ、その確率が高い方向に仕掛け続ければ、トータルで利潤を求めることができる立派な投資方法のひとつになります。

初心者が勘違いしやすいのは、一回一回の勝負に重きを置き過ぎるきらいがある点でしょう。一回一回の勝負なんてはっきりいってノイズでしかありません。外国為替証拠金取引やバイナリーオプションではトータルの取引回数でトータルのPipsの積み重ねが大事になってきます。目先の欲に溺れて長い目で見たらの考えかたが身につかなければ、いつまで経っても大成することはできないと勝ち続けている人たちは皆が呟いているので参考にしてみましょう。

それではトータルで勝つためにどういった分析方法を用いるのがいいのでしょうか。日本の誇り高きチャーチストが編み出した一目均衡表を使うのも良いかもしれませんが、はっきりいって一目均衡表は難しすぎます。正統的な後継者の著書も読んだことがあいりますが、著者自身が100%掴みきれていないような印象を著書から感じざるをえないといったところが正直な感想です。

なので、あまり高尚な難しい理論のものはそもそも理解しきれず、理解しきれないゆえに上手く活かしきれない可能性が往々にして多そうなのでパスして、もう少し取り組みやすいもので分析するようにしましょう。

私がおすすめするのは、移動平均線です。移動平均線なんて古臭いインディケーターなんて誰も使っていないよと初心者こそ思うかもしれませんが、甘い考えですね。甘すぎて虫歯になるくらい甘いです。銀行ディーラーや専業のトレーダー、チャーチストという人たちは総じてシンプルにチャートを分析しています。ローソク足、移動平均線くらいしかチャートに表示させていない人が圧倒的に多いのです。たまにジョンボリンジャーのボリンジャーバンドを表示させている人がいるくらいです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ