2015年 9月 の投稿一覧

バイナリーオプションは株取引よりも簡単

父が株取引をしていて日経株価が上昇しているときにはすごく儲かっていたようですが、ここ最近中国の株価が下落したり国際情勢も不安定になっているため株価も急落して損をしたようです。
株には興味があるけれど、損をするときって大きいのでなかなか手が出しにくいなって思っていました。それにどこの企業の株を購入するか決めるのも大変です。会社四季報を見てみたことがあるのですが、こういった情報でよく皆投資する対象を選べるなって感心してしまいます。
鬼怒川の災害の時に流されずに残っていた家を建設した住宅会社の株価が上がったとか、マイナンバー関連の企業の株価が良いらしいとも聞きますが、すぐにそんな判断が出来る投資家ってすごいですね。
私にはとても無理かなって思っていたのですが、もっと簡単にできる投資方法であるバイナリーオプションならもしかしたら出来るかもって考え始めています。
バイナリーオプションはFXをしている人が教えてくれたのですが、最初は聞いてもよくわかりませんでした。なんでも決められた価格よりも上がるか下がるかだけ予想できれば良いとのことで、何だか狐につままれているような話です。
そんな上か下かなんか、確率は2分の1です。それを当てるだけで利益があがるなんて嘘のようです。でも実際にある投資方法でFXだけではなく株や金の取引など色々な分野で行われているそうです。
2分の1を当てるなんて結構簡単そうって思ったのですが、バイナリーオプションを教えてくれた人によると、当てるのではなく色々な材料を吟味して予想を的中させるというほうが正しいとの事です。理由があるからこそ株も為替も上下するのだから、色々調べることが大切なのだそうです。
そう聞くとバイナリーオプションが難しい物のように思えてきて、やっぱりやめようかなとも思いましたが株取引などに比べるとまだ始めやすいし何といっても資金もそれほどかからないとの事。
これからのことを考えると投資は大切な事だし、教えてもらいながらやってみようかなと思っています。

バイナリーオプションの勝率は2分の1なのか?

バイナリーオプションは相場がこの先上がるのか下がるのか単純な二択のように思えますが、実はそうではありません。長期的に見ればもちろん相場は上がるか下がるかの2つしかないのですが、バイナリーオプションには通常の為替取引やFXには無い第三の要素が加わります。
バイナリーオプションを行っている方で真剣に意識している人も少ないですが、それは時間という概念です。通常FXでは資金が底をつかない限り半永久的にポジションを持つことが出来ます。そのため今後円安になるのか円高になるのかといった二択も長期的な視野で考えることが出来たのですが、バイナリーオプションは違います。
通常取り引きの際にはチケットの購入から払い戻しまで通常1時間から二時間ほどの時間しかないため、円高か円安かの選択sの他にも動かないという可能性もあります。もちろん為替が全く動かないという事はありません。為替取引を行っているのは投機筋だけでなく、貿易などの実需も頻繁に取引されるため、特にドルと円のような主要通貨の場合には、1時間で全く動かないということはまずありません。
しかし、通常取り引きを行う際には通常円高か円安かをある程度の幅を見て決めることになります。購入時のレートから30銭動けば円高というようにある程度の値幅が必要になるのですが、たった一時間の間ではこの30銭というレートほど動かない時が往々にしてあります。
そうなるとバイナリーオプションは上がるか下がるかの2択ではなく、動かないという第三の可能性も浮上するので、投資家にとってはかなり不利な投資であることがわかります。しかし、これはあくまでギャンブルのように二択の賭けと考えた時の事で、投資と考えるならば話は大きく異なります。
しっかりと資金管理を行えばこの3分の1という確率は決して儲けることが不可能な数字ではなく、むしろ投資を極力シンプルにして資金管理が行いやすくなったと見ることも出来ます。

キャンペーンを利用してバイナリーオプションを始めました

お金を稼ぐ手段の中でも、投資という選択肢を選ぶ人はどれだけいるのでしょうか。世界のほとんどの人はサラリーマンとして、お給料を頂く仕事に取り組んでいると思います。そうして得たお金は、何か物を買うために利用されたり、銀行預金になったりと様々です。しかしもしも、その得たお金を何倍にもすることができるとしたら、私は確実にチャレンジすると思います。このことに気づいたのは25歳の時でした。元々あまりお金を使うということに興味がなく無頓着だった私は、収入を得ても銀行口座に預けたり、親に仕送りを送る程度であまりにも淡白な生活を続けていました。たまたま本屋の経済本のコーナーに立ち寄った時、チラと目にした本にこんなことが書いてあったんです。銀行に預金するのは無駄なことと言った内容でした。まさに銀行預金を積み立てている私が当てはまっていたので、その時はついカッとなって頭の中で反論しそうになりました。しかし読めば読むほどに、確かにその通りかもしれないと思うようになったんです。理由はいたって簡単で、銀行預金の金利があまりにも低すぎるということでした。年にいくら預けても二束三文程度にしかならない金利です。それならば、お金を投資に運用して少しでも稼いだほうが良いという内容でした。その頃から投資に興味を持ち始め、今はバイナリーオプション取引をやっています。どうしてバイナリーオプションをやっているのかというと、ちょうどインターネットで投資について調べている時にキャンペーンを見つけたからです。初めて投資をやろうと思っていた私は、少しでもメリットというか、初心者キャンペーンみたいなものがないかなと、胸の中で少々期待していました。そこで見つけたのが、キャッシュバックキャンペーンです。私が実際に利用したのは、入金額次第で50%から100%までのキャッシュバックが行えるバイナリーオプションキャンペーンでした。もしも最初の投資に失敗してもお金が返ってくるわけです。実際のところどうだったのかというと、失敗するどころか予想がうまくあたって儲けが出たので、キャンペーンに頼る必要はありませんでした。でも、きっとそれはこういう保険を利かせることで精神的に余裕を持って取り組めたおかげだと感じています。もし今から始めようと考えている場合は、私のようにこういったお得な情報を調べてから始めるといいかもしれません。

趣味のような感覚でバイナリーオプションに夢中

近頃は暇さえあればどこでもバイナリーオプションのことを考えるようになったので、たまに直前までやっていたことを忘れてしまうくらい戦略を立てることで頭がいっぱいになっています。昔から趣味がなくて、休日はどこへも出かけず半日以上は布団の中にいるほどだったけれど、家にいるときは睡眠時間を削ってチャートとにらめっこしているのが私の最近の休日の行動パターンです。もちろん休日は相場が動いてないのですが、そんなときでもバックテストを繰り返して研究するほどハマっているというわけです。
どうしてここまでバイナリーオプションに没頭しているかというと、正直自分でもはっきりとした理由はわかりません。浪費するような趣味がないため特にお金に困っているわけではないから、たぶん取引をしているときのスリルがモチベーションの源なのでしょう。実際、取引を振り返って反省するときでも金額の増減よりも勝敗で気分が左右するほうが多いので、アンバランスな資金配分で取引をして勝ち数が負け数を上回っているのに信金は減少しているなんていう状況になったとしても、勝率をキープできているなら私は満足なのです。
ただし、徐々にでもお金が減っていくと取引が続行できなくなってしまうこともあり、ここ数週間はちゃんと勝ちつつ口座残高を増やしていこうという感じでやる気がわいてきました。チャートで分析しているときはバイナリーオプションで不可欠な為替の動きしか見ていなかったけれど、どういうタイミングで購入したらベストかという点についても探るようにしています。大きく張るべき瞬間がわかればそこで利益が一気に入ってくるから、資金の効率が飛躍的にアップすると考えたからです。
分析を始めてみるとわりと難しいことがわかりましたが、余裕資金でやっているしそこまで切羽詰っていないから気長に続けていこうと思います。でも目標額を決めて取引するほうがいいかもしれないので、当面の目標はとりあえず入金額を倍にすることと考えています。

FXとバイナリーオプションにお世話になっています

投資と聞くと、私の頭の中に真っ先に浮かぶのは株式投資と不動産投資です。皆さんはどうですか、中には投資信託や先物取引などが浮かぶ人がいるかもしれませんね。人それぞれ投資に関する認識は違うと思いますが、今の日本で一番流行っている投資はFXじゃないかなと個人的に感じています。そもそもなぜFXだと感じたのかというと、それはテレビのCMの多さだとか、FX関連の書籍の多さや、インターネットの証券会社がこぞってFXを商品として取り扱う様を見てからです。それだけ、投資商品の中でFXが人気であり価値のある商品として認識されているからこその、これだけの流行があるのだと思います。FXって何?という人のために少しだけ解説すると、FXというのは外国為替取引の略称で、二つの異なる通貨を交換することで利益を得る投資商品です。多くの人は日本の円とアメリカの米ドルでのFX取引を行っています。株式投資と何が違うのという感じですが、主に投資する商品のシンプルさとレバレッジというシステムの魅力だと思います。そうなんです、このレバレッジというシステムのおかげでFXは株式投資と違ってかなり流行っているんです。レバレッジというのは、本来投資するはずの金額を持っていなくても、その金額よりも少ないお金で取引できるシステムです。証拠金という形で私たちのお金は確保されて、その数倍、数十倍、中には数百倍(海外のFX会社)という値段で取引が行えます。数万円しか投資していなくても、100万円クラスの取引を行い利益を得ることができるわけです。実に夢があると思いませんか。みんなこのレバレッジに惹かれて取引してるわけです。FXにはもう一つ魅力的な取引手段があります。バイナリーオプションという取引手段なのですが、これも実に面白いシステムです。これはさらに小額のお金で取引することができて、数千円でできる初心者のお試しにはもってこいの投資商品です。しかもその仕組みがとても簡単で、一定時間後の為替が上がるか下がるか当てるだけのものです。私はバイナリーオプションの専門というわけではないですが、たまにの息抜きに取引させてもらっています。なんせ、上がるか下がるかの当てっこゲームをやるだけですから。予想してお風呂に入って戻ってきたら、すぐにお金が増えているわけです。そういったわけで、バイナリーオプションは気楽に稼げるFXの投資商品としては一番かもしれません。

ローリスク・ハイリターンのバイナリーオプション

先行き不安定な日本社会の行く末を思うと、本業の稼ぎだけではいずれ立ちゆかなくなるのではないかと不安になって、金融投資を始めてみました。金融投資と言ってもいろいろあって、株式投資や日経先物、FXなどが有名ですね。資産家は手堅く株式投資で儲けて、貧乏リーマンは先物やFXでハイリスク・ハイリターンを狙うというのが、だいたいの図式でしょうか。自分は後者なので先物やFXに挑戦してみましたが、最近の相場は上下に荒れ狂うばかりで、私のような素人では太刀打ちできません。小さく勝っては大きく負けるを繰返すばかりで、投資なんて始めなければよかったと後悔する始末。そんなときに出会ったのがバイナリーオプションです。

バイナリーオプションとは、設定された時間のレートが現時点のレートより高く(ハイ)なっているか、低く(ロー)なってい
るかを予想する投資商品です。そのゲーム性にちなんで、ハイローオプションとも呼ばれています。日本ではまだまだ扱っている証券会社が少ないのですが、高いか低いかを当てるだけというシンプル明快な投資方法が受けて、海外ではすごく人気があるようです。

バイナリーオプションが素晴らしいのは、ローリスクな投資法であるということです。例えば、つい先ごろ、世界中の市場が、中国経済への先行き不安を理由として、同時的に大暴落したことがありましたが、株や先物、FXをやっていた人の中には大損した人も少なくないそうです。それらの投資法では、市場が急変するようなときに逆ポジションをもっていると、際限なく損失が膨らんでいってしまうのです。しかし、バイナリーオプションの場合は、市場の動向次第で損が膨らむということは決してなく、賭け金以上を失うことはありません。つまり、常に損失が限定されているので、ローリスクな投資法と言えるわけです。その代わり、どんなに市場が大きく動こうとも利益も限定されています。しかし、二者択一の予想を当てれば賭け金の2倍がリターンされるのですから、十分ハイリターンの投資法と言えるでしょう。

このようにバイナリーオプションはローリスク・ハイリターンですから、市場の変動に翻弄されてばかりの投資家には是非ともオススメしたい投資商品です。これのおかげで、私もやっと投資で利益を上げられるようになりました。

バイナリーオプションのイメージについて

今副業が人気の時代です。一昔前は副業と言えば主婦がコツコツ作業するイメージがありましたが、最近は主婦層だけでなく、サラリーマン等の定職をもった人も副業を始めている時代です。同時に副業の種類が作業系のものからインターネットを使ったものへと人気が移行しています。インターネットを使った副業には様々ありますが、その中の一つとしてバイナリーオプションがあります。これは部類としては投資に含まれますが、れっきとした副業です。そのためバイナリーオプションで稼いだ金額によっては税金の申告が必要になります。バイナリーオプションの仕組みとしては、通貨が近い未来、つまり数分後、1時間後等の近い未来で価格変動がどうなるか予想するといった、極めてシンプルかつ簡単なものです。投資というと複雑で難しいイメージがありますが、バイナリーオプションは投資の部類ではまれなくらい簡単でシンプルなスタイルです。そのため初心者の主婦や、投資などに全く知識なない人でも始めることができるというのがうたい文句です。バイナリーオプションはれっきとした投資の部類に含まれるにかかわらず、日本においてはイメージが悪いです。その理由としては、2択の中から選ぶだけで、その結果次第で自分の投資した金額が増えるか減るかという事が決定するからです。ある意味ギャンブルに近い感じがあります。そのため日本ではバイナリーオプションに対して規制もかけられており、同時にイメージも良くありません。徐々にバイナリーオプションに興味を持って始める人が増えていますが、今後もイメージは改善するかどうかは分かりません。というのは、副業というにはリスクがあり、さらにギャンブルに近い要素があるので抵抗感を示す人が多いからです。本気で副業してお金を稼ごうとしている人であれば、自分の資金が減るリスクを冒してまで副業するとは思えません。今後日本でバイナリーオプションが定着するかどうかは、誰にも分からないことです。

私のバイナリーオプションの体験談を紹介します。

まずはそもそもバイナリーオプションとはどういうものなのかについて簡単に説明します。最近、本当に頻繁に聞かれるようになった言葉だという印象は誰もが持っていることかと思います。外国の通過の取引の一種なのですが、初心者でも簡単に始められることが大きな特徴です。「FX」という同じく外国の通過の取引がありますが、それよりも遥かに簡単にできます。トランプに「ハイ&ロー」という本当に単純なゲームがあります。それととてもよく似ています。一つ例を挙げて言えば、現在の相場が10分後には上がるか下がるかを予想して当てるだけです。もちろん実際に始めてみるともう少し複雑な知識ややり方を覚える必要もありますが、それにしても他の株取引やFXなどと比較すれば、遥かに簡単なことは間違いありません。
これからはそんなバイナリーオプションを私が始めたことについての体験談を紹介します。私はなかなか結婚どころか彼氏もできないことに深刻な悩みを抱えていました。そこで美容やオシャレに徹底的にお金をかけて女子力をアップさせたいと考えるようになりました。スキンケア商品なども高価なものを購入したいと思っていました。けれどもそのためには、今の仕事の給料だけでは絶対に足りません。日々の生活で精一杯だからです。そこで女子力アップのために必要なお金を作ることを目的にして始めたものがバイナリーオプションです。これならば経済に全く精通していない私であっても何とかできるのではないかという期待があったため、始めてみました。因みに私はGMOクリック証券を活用しました。スマートフォンのアプリを使っていつであってもどこであっても手軽に取引ができる所は、私にとってとても大きな魅力でした。そのため私は本業の仕事の合間や、遊びに行った出かけ先で少し時間が空いてしまった時なども、時間の有効活用をして行っていました。1000円未満の取引もできるため、リスクを負わなくても取引ができる所も、小心者の私にとっては嬉しかったです。

バイナリーオプションで貯金を倍にしたいです

私はいま時間があるるとバイナリーオプションの勉強をしています。仕事の休憩時間でもネットの掲示板などを読んでいろいろとバイナリーオプションのことを調べたりしています。どうして私がこんなにバイナリーオプションに夢中になっているのかと言いますと簡単にお金を増やしいと思っているからです。私は工場で働いいます。高校を出て就職した工場です。夜勤などもあって生活も不規則で本当は辞めたいなと思っています。でもせっかく入れてもらった工場なので今辞めるといろいろなひとに迷惑をかけてしまうので我慢して働いています。でも私は工場を辞めていない本当の理由は別にあります。その本当の理由はまだお金が貯まっていないからというものです。お金が貯まったら工場を辞めて大きな街に出てアイドルになるレッスンを受けたと思っています。私は小学生のころからずっとアイドルになりたいとう夢を持っています。今でもアイドルになりたいという夢は変わりありません。休みの日はカラオケで歌の練習もしていますし、ダンスの練習もしてネットに動画を上げたりしています。みんな上手だと言ってくれるのできっと私はダンスが上手なのだと思います。本当は今すぐにでも大きな街に出てレッスンを受けたりアイドルのオーディションを受けたりしたいのですがお金がまだ貯まっていないので工場で働いているのです。今のまま工場で働いていてもなかなかお金が貯まらないので手っ取り早くお金が貯まる方法はないかなとネットで調べたみてバイナリーオプションを見つけました。いろんなひとが沢山のお金を短期間で楽に稼いでいるのでビックリしました。ニートの方のなかには1週間で1千万円も稼いだひとがいるそうです。自宅警備員さんが毎月100万円も稼いでいるそうです。貯金が倍になりウハウハで笑いが止まらなそうです。そんなに稼げるなら私も絶対に始めてみたいと思いました。私もバイナリーオプションを始めて貯金を1週間で何倍にして工場を辞めて街に出てアイドルになる道を進んでいきたいと思っています。

国内業者の変化を知っておくとさらによい

バイナリーオプションは、初期の頃は海外と同じような方法で利用されていた部分もあり、基本的に海外と同じ方法で取引を進めていくこととなりました。しかし同じ方法で進めていくのは良かったのですが、それによって問題が起きてしまうことになります。それがギャンブル性の高い取引をしていることと判断されてしまったことで、行っている行為がギャンブルだと思われてしまったのです。確かに2択を選ぶ方法は、ギャンブルと捉えられても仕方ない部分と言えることもありました。
そのため金融庁に制度を変えられてしまい、ギャンブルのような行為は絶対に出来無くなりました。10分くらいで取引が終わり、次の取引ができる制度だったものは、最低2時間以上の判定時間をおくことによって、安心して取引ができるシステムへと変えることとなりました。バイナリーオプションの方法が変わったことによって、さらに取引のテクニックが重要となっていると判断され、かなり厳しい取引方法を模索する動きも出てくるようになったのです。
こうして現在行われているバイナリーオプションというのは、改正された範囲の中で利用できることを考えています。それ以上の行為を行うことが出来無くなっているので、国内では安全性を重視するような取り組みが取られていると言えます。FXでも改正されている部分が多くなり、ギャンブル性の高い取引については歯止めがかけられているので、日本としてギャンブル性の高い金融取引の厳しさが生まれていることも事実です。制度が変更されてからは、稼ぐよりもお小遣いを増やすことに利用されています。
このような変化によって、一時期バイナリーオプションのユーザーは減っていたとされていますが、FXの変化もあって徐々にユーザーが戻りつつあります。レバレッジ改正の影響を受けたことにより、こちらの方が稼げるチャンスがあるのではという狙いもあり、ユーザーは徐々にこの取引方法をマスターしています。