バイナリーオプションは塩漬けにならなくて取引が安心

投資のセンスとして私に決定的に足りないものは、どこで決済をするかというタイミングだと思っていました。だからそんな苦手な部分を自動的にカバーしてくれるバイナリーオプションは、私にとってまさに神ともいえる投資に感じたのです。初めて取引を始めたときから私にはこれしかないと直感して、今では他の投資で新規で建てることはやめて専念することにしました。
新規で、とあえて書いたのは今も塩漬けのポジションがあってそれがいつ決済するかどうか自分でも判断がつかないからです。そしてそれがバイナリーオプションでやっていこうと決心するための大きな理由だったりします。何故かといえばルール上は一日のうちにいくつも短い時間で区切られていて、終了時間に必ずすべて清算されるから塩漬けという事態になりようがないからです。

どうして意地になってホールドし続けるかというと、どれも最初はかなり好調なスタートダッシュを切ることが多かったのです。ときには投資にさらしている資金の倍ほどの含み益が発生していたこともありました。ただ、それは時間とともに目減りしてきて、最終的にマイ転するという結果になってしまうパターンが私が勝ちを逃す理由だったりします。
一方でバイナリーオプションではそんなことにはなりにくく、最初の数分くらいでアドバンテージを持っていたら、そのままゴールを迎えて利益をゲットということも少なくありません。もともと決済が下手ということは自覚していたものの、こうして最初の優勢状態をキープしやすい投資を始めてからは確信に変わりました。きっともう他の投資で最後の塩漬けポジションを手放したら、完全にバイナリーオプションだけしかやらなくなると思います。

相場が曲がる前に取引が終了しますし、先の先を読むといった難しい考え方をしなくても勘に頼って目の前の相場を見れば案外勝てることに気がつきました。おそらくこれからはテクニカルの研究をする時間を減らして、その分どんどん取引回数を増やしていくでしょう。

SNSでもご購読できます。