バイナリーオプションの種類は

バイナリーオプションにはいろいろなオプションの種類があります。
一番代表的なのがハイ&ローと呼ばれるオプションです。
これならある銘柄の価格が上がると予測したらコールを、下がると予測したらプットを購入するだけで簡単です。
購入後は判定時刻が来るのを待ち、過ぎれば自動的に結果が出ています。
相場にはトレンド相場やボックス相場、乱高下相場、小動き相場などがありますがトレンド相場と相性がいいオプションです。
上昇相場だと思ったらコールのみ、下落相場だと思ったらプットのみ購入すると効率が良いです。
その他にもワンタッチと呼ばれるオプションがあります。
これなら判定時刻までに一度でも目標価格にタッチすれば的中となります。
判定時刻時の価格には左右されませんので、ハイ&ローより的中させやすいのが魅力です。
ボックス相場と相性のいいオプションです。
その他にもレンジと呼ばれるオプションがあります。
レンジにはインとアウトの2種類がありインは判定時刻時に一定の範囲までに価格が収まっていれば的中です。
アウトでは一定の範囲外に価格が抜けていれば的中です。
インは小動き相場と相性が、アウトは乱高下相場と相性がいいです。
相場に合わせてハイ&ローやワンタッチ、レンジインとレンジアウトを使い分けする戦略が有効と言われています。
国内バイナリーオプション業者ではラダーと呼ばれるオプションのみの場合が多いです。
ラダーはハイ&ローと似ていますがラダーのほうが複数の目標価格が設定されています。
現在の価格から離れていて的中が難しい目標価格ほど多くのペイアウトを受け取りすることが出来ます。
現在の価格から近くて的中しやすい目標価格ほど受け取りできるペイアウトが少なくなります。
乱高下相場のときや小動き相場のときで目標価格を変える戦略が有効と言われています。
海外バイナリーオプション業者では60セカンズと呼ばれる1分間で結果が出るオプションもあります。
これなら短時間で何度も取引を繰り返すことが可能です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ