バイナリーオプションとFXを組み合わせた投資

2000年以降新たな投資手法として注目されているFXですが、さらに進化した投資としてバイナリーオプションが登場しました。これは為替取引という点では同じなのですが、取り引きの形態が全く異なります。ここでは詳しくバイナリーオプションの取引方法について見て行きましょう。
通常のFXなどの為替取引では、指定したレートで買いや売りを入れて注文を出します。例えば100円で買いを行った場合、その後101円になれば1円分の利益で、反対に99円に下がれば1円分の損失になります。
多くの場合FXでは1万通貨の取り引きになるので、これらの場合にはプラスマイナス1万円が利益と損失になるのですが、大きな欠点が存在します。それは損失も利益も理論上無限大になることです。もちろん証拠金という制度の元では、ロスカットなど最低限損失を限定する事は可能ですが、突発的な値動きではロスカットが間に合わず借金となることもあるのです。
そのためFXはリスクコントロールが非常に難しく、これまで多くの方が失敗してきたのですが、バイナリーオプションではこうしたFXに関わる利益のコントロールが非常に容易になりました。
バイナリーオプションではレートを指定して通貨を購入するのではなく、上がるか下がるかの二択を選択しチケットを購入します。実際に予想が当たった場合にはチケットの払い戻しが行われますが、外れた場合には当然利益はゼロになります。これは投資というよりも競馬などに近い感覚ですが、一番のメリットは損失が限定されることです。つまりレートを指定して購入や売却を行う通常のFX取り引きでは、損失が青天井になってしまいますが、チケットの代金だけしか損失のないバイナリーオプションでは、預金残高以上の損失になることはありません。
このように非常にリスクコントロールの容易な方法ですが、当然投資なのでリスクもあります。しっかり自分をコントロールしながら投資を行っていく必要があるでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ