バイナリーオプションでプチカジノ気分

日本でも今後カジノが出来るかも知れませんが、一般の方々がカジノを楽しめるのはまだまだ先になりそうです。今日本で公営のギャンブルとして認められているのは競馬や競輪などですが、いずれも曜日や日時がかなり限定されているので、すべての方が参加出来る訳ではありません。また競輪は控除率も非常に高いため、いわゆる元締めである運営元の利益確保のために多くの損失が発生してしまいます。
こうしたデメリットを考えるとギャンブルとして楽しむにはバイナリーオプションがおすすめです。バイナリーオプションは為替取引の一種でいわば投資なので、ギャンブルと言い切るには抵抗があるかも知れませんが、投資初心者の方はむしろギャンブルと割り切るほうが簡単に投資を行えます。
バイナリーオプションでは上がるか下がるかの二択のチケットを購入し、予想が当たれば払い戻しがあり、外れれば当然紙くずになるというものです。これは競馬の馬券とほとんど同じシステムですが、バイナリーオプションの場合には当たる確率がほとんど2分の1ということが驚異的な勝率を生み出します。
通常どれほどの競馬の名人でも勝率5割キープするのは至難の業ですが、元々上がるか下がるかの二択しかないので、5割に自然に落ち着きます。競馬のように何頭もいる馬の中からレース開場や天候など様々な点を考慮して選ぶ必要がないので、初心者の方でも気軽に投資することが可能なのです。さらにメリットとしてはその手軽さが挙げられます。通常FXなのでは最低でも40000円程度の投資資金が必要ですが、バイナリーオプションの場合には一枚数十円でチケットが購入できるので、かなりの低リスクで投資を始めることが出来ます。
もちろん数十円分のチケットでは払い戻しも少ないですが、慣れてくると徐々に投資資金を増やしていけば、当たれば数万円から数十万というギャンブルとしての魅力も十分に兼ね備えています。ぜひ気軽なギャンブル兼投資として楽しんで下さい。

SNSでもご購読できます。