バイナリーオプション業者について

バイナリーオプション、謎に翻弄されたサラリーマンの副業

借金があり、他に収入源のない私は友人を介して、新しいバイナリーオプションを扱う店を手伝う事になりました。店と言っても雑居ビルの一室で一抹の不安を感じつつもその部屋をノックしました。中からスーツ姿の30代半ばの男が出迎え、坂本と名乗り、男は探偵で彼のいうバイナリーオープションは会社帰りの2時間、時給990円でとある駅ビル2階の部屋から道路を挟んだ対面の部屋を監視して欲しいという内容でした。

住人が帰って来るか来ないか、それが一部の人たちのマネーゲームになっていると言うのです。詳しい事を聞こうとすると彼は「話せない」というばかりで印刷した駅ビルまでの地図と部屋の鍵、連絡用にと携帯電話を渡し雑居ビルの玄関まで見送りました。駅ビルに到着し目的の部屋を見るとカーテンが外された、どう見ても空き部屋でした。それから監視が始まり2ヶ月が過ぎました。報酬は振り込まれていました。
しかし無人の部屋を監視するのは退屈。その日は椅子に腰掛け漫画片手に漫然とその部屋を見据えていました。

その日の監視が終わろうとした頃、携帯電話がけたたましく鳴りました。「奴が来ます」と坂本はあわてた様子でした。電話はすぐに切れました。一体奴とは?期待より不安が大きく、嫌な予感しかありませんでした。カーテンを閉めその隙間から監視する事にしました。その電話から数分後対面の部屋に明かりが点き、現れたのは年齢は20代前半モンペ姿に風呂敷包みを担う女性でした。時代錯誤というかまるで戦時中から時間旅行してきたような出で立ちでした。呆気にとられていると部屋に坂本が走り込んで来ました。「奴は?」と聞き、カーテンを指差すと険しい表情を見せました。

不安な私は「これはマネーゲームのバイナリーオプションですよね?」と聞くと坂本は「ええ」と言って部屋を出て行きました。その約二分後、あの部屋から稲妻のような閃光、爆発音がしました。パトカー、消防車が次々に駆けつけました。訳が分からぬまま私は家に帰りました。後日、坂本からバイナリーオプション終了の電話があり、雑居ビルの店もなくなっていました。しかし最後の報酬額は990万円でした。

不思議とバイナリーオプションでは損をしてしまう

 どうなってんねん!と怒りたくなるほどに儲からないのがバイナリーオプションなのです。自分が選んだ方、つまりは儲かる方向と逆向きに進行するというのが、BOあるあるなんですね。チャートとかにしても、もう、誰かが裏で操作しているとしか思えない様な動き方をしています。しかし、条件は皆同じなはずですから、文句を言う事も出来ない訳です。

 でもまぁ、実際の所はどうなんでしょうね。皆さんもご存じでしょうけど、為替レートというのは需要と供給によって変動する訳です。皆がアメリカドルを欲すれば円安になり、いらないとなれば逆に円高になる訳です。取引される金額の総量はあまりにも大きいですが、これを意図的に動かす事ができる人もいるのではないかと私は思っています。

 もちろん個人では基本的に無理だと思います。10億円とか持っていても駄目でしょう。それくらいの金額では世界中でやり取りされるお金の1パーセントにも満たないはずです。少なくとも数百億円は必要ではないでしょうか、この金額を保有しているのは銀行や大資本家などごく一部に限られると思います。

 その人達が一気に売買すれば、チャートを大きく動かす事も可能かもしれません。単に売買しているだけであれば、法的には何の問題もないはずです。これで大きく上下させれば誰かを損させたりする事も可能ではないでしょうか。ただ、そういう事を実際にしているかどうかは本人達にしか分からない事だと思いますが、

 バイナリーオプションでは2分の1の確率で勝てる(負ける)と言われていますが、何度も取引している内にそれに対して疑問が生じてくるはずです。おそらくですが勝率が5割以上という人はそんなにいないと思います。どうしてそうなってしまうのかについては分かりません。何か裏があるのか、それとも単なる偶然なのか。バイナリーオプション自体は2択なので非常に簡単なのですが、その実態は謎に包まれていると言えるでしょう。

つまり、バイナリーオプションは業者選びと知識をしっかりしてないと攻略できないのです。ですが、FXよりノーリスクであり、儲かる人は儲かります。儲かる人は裏で努力しているのも事実です。

損しないバイナリーオプションの業者選び

 FXは時間を選ばない取引形態で多くの方に受け入れられていますが、まだまだリスクコントロールの面では大きな課題が残ります。FXの大きな魅力として自己資金の数十倍の運用が可能なレバレッジが挙げられますが、リターンが大きな分リスクも増大するので市場からリタイヤせざるを得ない方も増えています。

 そうした中でFXに変わる新たな投資方法として注目されているのがバイナリーオプションです。バイナリーオプションは為替の値動きをテーマとした投資商品ということはFXやその他の外貨投資と同じなのですが、大きな違いとしてはそのシンプルさが挙げられます。

 バイナリーオプションでは単純に上がるか下がるかの二択で投資を行うので、素人の方も難しいテクニカル指標やファンダメンタルズなど考慮することなく投資が可能です。またチケットと呼ばれる権利を購入することで投資を行いますが、最大の損失がこのチケット代金だけなので、自己資金の中から安全に取り引きを行うことが可能です。
これまでFXではスイスフランの暴騰や為替介入など突発的な値動きにより大損を被る方も少なくはありませんでした。しかし、バイナリーオプションではチケット代金しか物理的に損失は発生しないので、追証や借金ということも絶対にありません。

 もちろんチケットの購入方法はご自身でリスクコントロールすることは重要ですが、大損でも借金となりマイナスにならない点は大きな魅力の一つであると言えます。
しかし、このバイナリーオプションは全てのFX業者で行っている訳ではないので、業者選びが重要になります。国内の業者を含め海外でも多くの業者があるので、どれを選べばよいか迷うかも知れませんが、一つの基準として貴方の投資スタイルにあった業者を探すことをお勧めします。

 チケットの払い戻し期間や一枚あたりのチケット代金など業者によって隔たりがあるので、ご自身の投資スタイルやリスク許容度に応じて業者を選べば大きな失敗もないでしょう。

バイナリーオプションで貯金を倍にしたいです

私はいま時間があるるとバイナリーオプションの勉強をしています。仕事の休憩時間でもネットの掲示板などを読んでいろいろとバイナリーオプションのことを調べたりしています。どうして私がこんなにバイナリーオプションに夢中になっているのかと言いますと簡単にお金を増やしいと思っているからです。私は工場で働いいます。高校を出て就職した工場です。夜勤などもあって生活も不規則で本当は辞めたいなと思っています。でもせっかく入れてもらった工場なので今辞めるといろいろなひとに迷惑をかけてしまうので我慢して働いています。でも私は工場を辞めていない本当の理由は別にあります。その本当の理由はまだお金が貯まっていないからというものです。お金が貯まったら工場を辞めて大きな街に出てアイドルになるレッスンを受けたと思っています。私は小学生のころからずっとアイドルになりたいとう夢を持っています。今でもアイドルになりたいという夢は変わりありません。休みの日はカラオケで歌の練習もしていますし、ダンスの練習もしてネットに動画を上げたりしています。みんな上手だと言ってくれるのできっと私はダンスが上手なのだと思います。本当は今すぐにでも大きな街に出てレッスンを受けたりアイドルのオーディションを受けたりしたいのですがお金がまだ貯まっていないので工場で働いているのです。今のまま工場で働いていてもなかなかお金が貯まらないので手っ取り早くお金が貯まる方法はないかなとネットで調べたみてバイナリーオプションを見つけました。いろんなひとが沢山のお金を短期間で楽に稼いでいるのでビックリしました。ニートの方のなかには1週間で1千万円も稼いだひとがいるそうです。自宅警備員さんが毎月100万円も稼いでいるそうです。貯金が倍になりウハウハで笑いが止まらなそうです。そんなに稼げるなら私も絶対に始めてみたいと思いました。私もバイナリーオプションを始めて貯金を1週間で何倍にして工場を辞めて街に出てアイドルになる道を進んでいきたいと思っています。

国内業者の変化を知っておくとさらによい

バイナリーオプションは、初期の頃は海外と同じような方法で利用されていた部分もあり、基本的に海外と同じ方法で取引を進めていくこととなりました。しかし同じ方法で進めていくのは良かったのですが、それによって問題が起きてしまうことになります。それがギャンブル性の高い取引をしていることと判断されてしまったことで、行っている行為がギャンブルだと思われてしまったのです。確かに2択を選ぶ方法は、ギャンブルと捉えられても仕方ない部分と言えることもありました。
そのため金融庁に制度を変えられてしまい、ギャンブルのような行為は絶対に出来無くなりました。10分くらいで取引が終わり、次の取引ができる制度だったものは、最低2時間以上の判定時間をおくことによって、安心して取引ができるシステムへと変えることとなりました。バイナリーオプションの方法が変わったことによって、さらに取引のテクニックが重要となっていると判断され、かなり厳しい取引方法を模索する動きも出てくるようになったのです。
こうして現在行われているバイナリーオプションというのは、改正された範囲の中で利用できることを考えています。それ以上の行為を行うことが出来無くなっているので、国内では安全性を重視するような取り組みが取られていると言えます。FXでも改正されている部分が多くなり、ギャンブル性の高い取引については歯止めがかけられているので、日本としてギャンブル性の高い金融取引の厳しさが生まれていることも事実です。制度が変更されてからは、稼ぐよりもお小遣いを増やすことに利用されています。
このような変化によって、一時期バイナリーオプションのユーザーは減っていたとされていますが、FXの変化もあって徐々にユーザーが戻りつつあります。レバレッジ改正の影響を受けたことにより、こちらの方が稼げるチャンスがあるのではという狙いもあり、ユーザーは徐々にこの取引方法をマスターしています。

2つの業者で攻めるバイナリーオプション

バイナリーオプションで勝ちたい場合は、2つの業者で攻める方法が良いです。2つの業者で攻める利点は、チャンスを逃さないということです。バイナリーオプションでは、攻めるべきチャンスがあります。そのチャンスの時に、1つの業者しか利用していない場合は、チャンスを逃していることになります。利益を出せるチャンスを逃さないためには、2つの業者での取引がお勧めです。ただし、2つ以上の業者を利用するのは、お勧めできることではありません。

2つ以上の業者でポジションを持ってしまうと、チャートを見るのが大変だからです。例えば、予期せぬ動きが見られた状況では、損切りをしなければならない可能性があります。この時に3つや4つの業者を利用していると、チャートを見る回数が多くなります。そうなると、上手に損切りできなかったり、チャンスの時に出遅れてしまったりなど、リスクが増えてしまうことがあります。

自分でしっかりと管理できるのであれば、3つでも4つでも業者を利用するのは問題ありません。しかし、満足に利益を出せていない状況で、3つも4つも業者を利用することは、適切な状況だとは言えません。バイナリーオプションをそれなりに経験し、利益を出せる状態にある場合は、複数の業者でポジションを持つことは効率の良い作戦だと言えます。

複数の業者で取引をするためには、まず口座を開設する必要があります。口座を開設する場合は、申し込んだからといってすぐに取引が可能になるわけではありません。業者による審査をクリアすることになります。無事審査をクリアすれば、口座を開設してバイナリーオプションを開始できます。初心者の場合は慣れる必要があるので、大きな資金を入金するよりは、抑えた資金を入金し、ルールや勝ち方を覚えます。ルールを覚え、勝ち方が見えてきた場合は、取引に使用する資金を増やします。取引に使用する資金は、生活に必要なお金ではなく、失っても生活に影響が及ばないお金であることが望ましいです。

バイナリーオプションの種類は

バイナリーオプションにはいろいろなオプションの種類があります。
一番代表的なのがハイ&ローと呼ばれるオプションです。
これならある銘柄の価格が上がると予測したらコールを、下がると予測したらプットを購入するだけで簡単です。
購入後は判定時刻が来るのを待ち、過ぎれば自動的に結果が出ています。
相場にはトレンド相場やボックス相場、乱高下相場、小動き相場などがありますがトレンド相場と相性がいいオプションです。
上昇相場だと思ったらコールのみ、下落相場だと思ったらプットのみ購入すると効率が良いです。
その他にもワンタッチと呼ばれるオプションがあります。
これなら判定時刻までに一度でも目標価格にタッチすれば的中となります。
判定時刻時の価格には左右されませんので、ハイ&ローより的中させやすいのが魅力です。
ボックス相場と相性のいいオプションです。
その他にもレンジと呼ばれるオプションがあります。
レンジにはインとアウトの2種類がありインは判定時刻時に一定の範囲までに価格が収まっていれば的中です。
アウトでは一定の範囲外に価格が抜けていれば的中です。
インは小動き相場と相性が、アウトは乱高下相場と相性がいいです。
相場に合わせてハイ&ローやワンタッチ、レンジインとレンジアウトを使い分けする戦略が有効と言われています。
国内バイナリーオプション業者ではラダーと呼ばれるオプションのみの場合が多いです。
ラダーはハイ&ローと似ていますがラダーのほうが複数の目標価格が設定されています。
現在の価格から離れていて的中が難しい目標価格ほど多くのペイアウトを受け取りすることが出来ます。
現在の価格から近くて的中しやすい目標価格ほど受け取りできるペイアウトが少なくなります。
乱高下相場のときや小動き相場のときで目標価格を変える戦略が有効と言われています。
海外バイナリーオプション業者では60セカンズと呼ばれる1分間で結果が出るオプションもあります。
これなら短時間で何度も取引を繰り返すことが可能です。

国外のバイナリーオプションの口座を作れる早さとその理由

バイナリーオプションで稼ぐとなると、もちろん口座作成が必要です。そして、それには2つの選択肢があるのですね。海外の会社でそれを作る方法と、日本の会社のどちらかになります。
その2つが比較される事はとても多いのですが、スピードを求めているのであれば、前者の方が妥当だと考えられます。なぜなら前者のタイプの会社の場合、非常に速やかな口座作成が可能だからです。
後者のタイプの会社の場合、実際に売買ができるようになるのは、翌営業日になるケースがほとんどです。さすがに即日で、その金融商品での売買をするのは難しいでしょう。それに対して前者のタイプの会社の場合、非常にスピーディーに始められる傾向があります。会社によっては、もう当日中に始められる事があるのですね。
では、なぜその2つのタイプの会社のスピードが異なるかと申しますと、パスワードの問題があります。日本の会社の場合は、それを郵送で送らなければならない事情があるのです。
そもそも郵便物を届けるとなると、どうしても時間がかかる一面があります。金融会社から自宅までの距離がどれだけ近くても、翌営業日になってしまうケースがほとんどなのですね。当日中ではありません。
ところが海外の会社の場合は、パスワードを郵送していません。郵送などではなく、あくまでも電子媒体でそれを送付する事になるのです。つまりメールなどで、それが送られてくるのですね。
メールであれば、もちろん即日で受け取る事ができます。それで直ちに売買ができるようになるのが、海外のバイナリーオプションの特徴の1つと言えるでしょう。
ちなみに金融取引をスタートしたいと思っている方々の中には、一刻も早くそれを始めたいと思っている方も見られます。そのような方々の場合は、日本でなく海外で口座を作ってみるのも一法ですね。海外のバイナリーオプションの場合、早ければ数十分程度で売買ができる所も見られるので、試しに口座を作ってみると良いでしょう。

バイナリーオプションはスマホで使えるツールを選ぶ

今はパーソナルコンピューターの普及は当然ですが、爆発的にシェアを伸ばしているスマートフォンのことを考えられている取引環境を重視したバイナリーオプションの環境を考えるべきです。確かに家にいるときはゆったりと大画面でチャート分析しつつバイナリーオプションを楽しむほうがいいかもしれませんが、誰もが家のパーソナルコンピューターにかじりつきながらできるものでもありません。

大体の人は日々を忙しく生きていて、すきま時間にスマートフォンを使ってバイナリーオプションやチャート分析を行っている人が多数です。この部分を軽視しているような証券会社は遅かれ早かれ市場のニーズに応えきれないために規模を縮小、下手をしたらサービス終了の可能性があります。

反対にスマートフォン市場を意識している先見の明があるような証券会社は顧客数を伸ばし続けることになるので、収益も増益していくことでしょう。そうなればその収益を使ってさらに素晴らしいツールを開発したりサービスを発表したりと、ますます使い勝手が良くなってくることは想像できることになるのです。

安易にスプレッドや取引手数料だけで判断せずに、いかに顧客のことを考えたツール開発やサービス展開をしているかどうかにも注目しましょう。その点はやはりGMOが強い印象ですね。パーソナルコンピューターだけでなく、スマートフォンでもGMOクリック証券新外為オプションの使い勝手の良さは目を見張るものがありますし、この証券会社をイチオシとするユーザーはたくさん存在しています。バイナリーオプションなどをネットで調べているとこの会社のバナー広告を貼り付けてあるブログやサイトが多いでしょう。これはそれだけ使い勝手が良く、人気があるからこその証といえるのです。

まだ使う口座すら開設していないよという方は、試しにGoogleを使って調べてみて評判の良い所から試してみましょう。安易に決めてしまうと、より良い選択肢を見逃すことになりかねません。

海外環境のバイナリーオプションで楽しく投資

昔は細々とFXをしていたこともあったけれど、段階的にレバレッジが規制されたころに小額で増やせる魅力がガクンと低下してやめてしまいました。けれど、今はバイナリーオプションをするようになってその頃の楽しさとお金稼ぎのスピードが蘇ったので、昔以上に為替投資にハマってしまって暇なときは無意識にスマホでもチャートをチェックしています。これは本当にハイレバスキャルピングでブイブイ言わせていた人にはピッタリの金融商品だと思います。
私はそのレベルまでは稼いでいなかったものの、ハイレバでスリル満点の取引をするのが楽しかったから為替相場を見る目も養われていったので、似たような環境を得られるバイナリーオプションにはビビッときました。もちろん使う口座は海外業者で、為替のスキャルピングをしているのと変わらない時間制限で購入を重ねていくのが私の取引スタイルです。上手くいけば初期投資額が何十倍に化ける日もあるから、わずかなお金で始めても楽しいのが魅力です。

この快感を覚えると、国内よりも断然海外の環境で超短期間のバイナリーオプションをやるほうがいいと感じてきます。海外のほうが夢のある稼ぎ方ができるであろうことはFXのときの体験で知っていたこともあり、最初から国内はスルーして海外で口座を開きました。その考えのおかげで、投資額が少なく済むから負けたときもさほど痛くないのにもかかわらず、勝った場合は物凄く残高が増えていくからこの楽しさを知るとやめられなくなります。
バイナリーオプションは個人的に娯楽といった感じの位置づけで、真面目にお金稼ぎをするというより楽しむ過程で入ってくるものみたいに考えて、あまり金額の増減で一喜一憂していません。でも当然お金が増えるほうが有難いから勝つと嬉しいし、ヤマ勘だけでやらずにきちんと対策を練ってチケットの購入を判断しています。自分では最大限の努力をして相場を見ていると思うから、退場という結末にはなりそうもなく長く続けられる投資になりそうです。