投資効率を求めるならばバイナリーオプション

今日本国内で合法的なギャンブルとしては競馬や競輪などがありますが、いずれも胴元である運営者に圧倒的に有利な倍率や払い戻しになっています。当然安定して運営を行うためには仕方のないことなのですが、こうした運営に圧倒的に有利な仕組みは長期でギャンブルを行う上ではありえないほど不利な勝負になります。もちろん一時的な統計的な変動で大勝することはありますが、長期で見た場合にはコツコツとした負けを繰り返し、たまの大穴など足しにならないほど負けている方がほとんどです。

しかし、最近注目されている投資であるバイナリーオプションでは、競馬や競輪とは比べ物にならないほどの期待値が算出されています。バイナリーオプションとは為替のオプション取り引きの一つで、単純にこの先相場が上がるか下がるかに二択で投資します。この予想が当たれば払い戻しとなるのですが、バイナリーオプションの魅力は投資額と払い戻し金額の倍率です。

バイナリーオプションの払い戻し額はほとんどの業者では一定で、だいたい1000程度に設定されています。しかし購入額は残り時間や目標となる価格までの差で決まります。そのため確率の低いものでは50円程度でチケットを購入出来るのですが、もし上がれば1000円になるので万馬券並みの倍率になります。もちろんチケットは一度に何枚も購入することが普通なので、枚数を10枚や100枚にすれば20倍の倍率で資産が膨れ上がります。

もちろんこれは理論上そうした利益が期待出来るというだけであって、競馬の万馬券同様に狙って手にできるほど甘いモノではありません。しかし、競馬や競輪と異なり胴元とプレイヤーの間には極めて公平な仕組みとなっているので、控除率などを気にすること無く純粋にギャンブルとしても、投資としても楽しむことが出来ます。競馬競輪と違い基本的には平日ならば24時間楽しむことが出来ますし、スマートフォンからならば出先でもチケットの購入が可能です。

SNSでもご購読できます。